+38 044 204 81 13

ウクライナのKAIZEN Clubの歴史

1998年にウクライナ・日本センターが『キエフ・モギリャンスカ・アカデミー』という国立大学に自分の活動を始めた。 センターの目的はウクライナの将来発展に貢献することだった。それをウクライナの市場経済が幼年期を通過するうちに人的資源を発達で、ウクライナと日本との間の貿易とビジネス関係を発達をによって達成する予定だった。2006年5月22日にウクライナ・日本センター(UJC)は独立行政法人国際協力機構(JICA)のプロジェクトとしてウクライナの国立技術大学『キエフ工業大学』に活動を継続した。

2010年12月13日に独立行政法人国際協力機構‐JICAの援助で(ウクライナ・日本センターに関するプロジェクト)ウクライナのKAIZEN Clubの正式開館がPremier Palaceホテル(キエフ市)に行われた。ウクライナのKAIZEN Clubの開館の中に今井正明のワークショップが行われた。今井正明はというとKAIZENの哲理の世界中有名な第一人者であり「カイゼン・インスティチュート」の設立者。ウクライナのビジネス界エリート、一般政府と非営利組織の長たちが開館式に参加した。

2011年にウクライナ・日本センター(ビジネスプログラム)の活動が終わった後ウクライナのKAIZEN Clubが自分の仕事を非営利組織として継続した。現在、ウクライナKAIZEN Clubは日本の伝統的な経営とウクライナ経済現実をバランスの取れた方法で組み合わせる。ウクライナのKAIZEN Clubはウクライナ・日本との社会面、経済と科学の分野に共通の価値観の合同を促進。

当社のパートナー
当社のお客様